Event Start Date:
July 15, 2019
Event End Date:
July 15, 2019
Event Venue:
Sophia University, Osaka Campus

上智大学大阪サテライトキャンパス
教員向け公開講座
上智大学大阪サテライトキャンパス
大阪メトロ「中津駅」4 番出口より徒歩3 分/ 阪急「梅田駅」茶屋町口より徒歩4分/JR「大阪駅」御堂筋北口より徒歩10 分
※駐車場はございません。公共交通機関でお越しください。
7/15祝
講師:Angel Lin(サイモン・フレイザー大学教授)
池田 真(上智大学文学部教授・日本CLIL 教育学会副会長)  今回の講座では、CLIL(内容言語統合型学習)の本丸である「教科内容
と英語学習の統合法」に焦点を当てます。最先端の研究に基づく理論
を解説し、その知見による教室での実践例を豊富に紹介します。講師
は、CLIL 研究で世界的に有名なAngel Lin 教授(サイモン・フレイ
ザー大学)と、日本CLIL 教育学会副会長を務める池田真教授(本学)
が担当します。
This seminar focuses on the integration of subject-matter and
English acquisition, which is the crucial aspect of CLIL (Content
and Language Integrated Learning). Theories based on the most
recent research and classroom examples informed by those
studies will be presented. The speakers are Professor Angel Lin
(Simon Fraser University, Canada), a world-famous researcher in
CLIL, and Professor Makoto Ikeda (Sophia University), vice
president of Japan CLIL Pedagogy Association.
CLIL 指導における
教科内容と英語学習の統合法
理論と実例
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy
Theories and Examples
会場:上智大学大阪サテライトキャンパス
受講料:4,000円  定 員:40名
対  象:英語科教員・研究者
(先着順)
申込締切日7月1日(月)ただし定員に達し次第、申込を締切ます。
1限 13:00~14:30
2限 14:45~16:15
※1限~2限通しでの申込に限る
〒531-0072 大阪市北区豊崎3 丁目12 番8 号サクラファミリア(カトリック大阪梅田教会)2階
電話:06-6450-8741 FAX:06-6450-8742  開室時間:平日10:00 ~ 18:00
①氏名(フリガナ) ※必須 ②電話番号(緊急時にご連絡のつく番号)※必須
③ご住所 ※入金証明書発行希望の方は必須 ④ご所属(所属校/身分・職名)
⑤入金証明書(領収書)の有無
送信先>>> osaka_sc@cl.sophia.ac.jp
お申込み方法
申し込みの際にご提供いただきました情報につきましては当公開講座の運営のみに使用し、「上智学院個人情報保護方針」に基づき、充分に注意して取り扱わせていただきます。
本学院の個人情報の取扱いについては http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/c_college/com_greeting/com_kojinをご参照ください。
メールでお申し込みください。
タイトルを「7月15日英語申込」とし、以下内容を本文に記載してosaka_sc@cl.sophia.ac.jpに
送信してください。お申込日より3日以内に受講料お支払いについて、お申込みいただきました
メールアドレスへご案内いたします。
How to plan a CLIL lesson that is content driven but also integrates the teaching of the 4 language skills? How to use translanguaging
strategies (i.e., allowing students’ familiar linguistic and cultural resources to scaffold content and language learning)
while ensuring that students get the opportunities to use the target language (L2) for meaningful purposes? In this workshop, I
present our experience in developing the ‘Multimodalities-Entextualization Cycle’(MEC) as a critical pragmatic approach that both
scaffolds students’ content and language learning, and affirms and capitalizes on their familiar cultural and linguistic resources.
How to Integrate Content and Language Teaching 1 (Angel Lin)
Designing CLIL Lessons through the Multimodalities-Entextualization Cycle (MEC)
In this highly practical workshop, participants will be shown ample classroom tasks and pedagogical skills that effectively integrate
content learning and language acquisition. Examples are collected from primary, secondary and tertiary classrooms in Europe and
Japan. Frameworks for content-language integration and English-Japanese translanguaging will also be provided.
How to Integrate Content and Language Teaching 2 (Makoto Ikeda)
Classroom Activities and Techniques
Professor Angel Lin
(Simon Fraser University, Canada)
Professor Makoto Ikeda
(Sophia University)
※申込締切日7月1日(月)ただし定員に達し次第、申込を締切ます。
この講座はすべて英語で行います