九州大学大学院言語文化研究院 主催FD・英語教育講演会 「 CLIL・内容言語統合型学習の試み 」

FACULTY OF LANGUAGES & CULTURES, KYUSHU UNIVERSITY
http://www.flc.kyushu-u.ac.jp
九州大学大学院言語文化研究院 主催FD・英語教育講演会「 CLIL・内容言語統合型学習の試み 」内容・言語・思考・協学の組み合わせで外国語学習の活性化を図る

日 時 平成27年3月3日(火) 15:00~18:00(開場・受付14:30~)
場 所 九州大学 伊都キャンパス
センター1号館 3階 1303教室(福岡市西区元岡744番地)
JR筑肥線「九大学研都市駅」下車(博多駅より40分)、
昭和バス「九大ビッグオレンジ前」下車(15分)
参加費 無料(事前申込み不要)
【講演会プログラム】
15:10~16:30 池田 真先生(上智大学)
「CLILの原理と実践」
休  憩
16:40~18:00 リチャード・ピナー先生(上智大学)
「CLIL in Practice:
A Demonstration Lesson with Q&A and Rationale」
18:10~20:00 懇親会 伊都キャンパス内 「ビッグオレンジ・レストラン」(会費3,000円)
参加ご希望の方は、2月28日(土)までにメールで大津(otsu@flc.kyushu-u.ac.jp)へご連絡下さい。
CLIL: Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)
【講師略歴】
池田 真(いけだ まこと)先生
上智大学文学部英文学科准教授。博士(英語学)。専門は英語学、英語教育。
主な著書は、『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たな挑戦―第1巻 原理と方法』(共著)(上智大学出版局)、
『歴史社会言語学入門』(共著)(大修館書店)など。

Richard Pinner(リチャード・ピナー)先生
上智大学文学部英文学科助教。キングス・カレッジ・ロンドン大学言語学科応用言語学修士。専門は応用言語学。
主な論文は、“Unlocking Literature through CLIL” (Sophia University Press)、 “ Authenticity and CLIL: Examining
Authenticity from an International CLIL Perspective.” (International CLIL Research Journal) など。
お問い合わせ
九州大学大学院言語文化研究院 大津隆広 ⦆otsu@flc.kyushu-u.ac.jp
主  催
九州大学大学院言語文化研究院
この講演会は、平成26~27年度学内EEP予算にて開催しています。

カテゴリー: Academic, Conferences, News   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*